目的別 盛り塩の方法

恋愛

恋人の浮気癖を直したい
風水で「離」の作用をもつ南の正中線上と、東北・南西の鬼門に。
恋愛がうまくいかない
部屋の東南・南・南西・西に盛り塩をします。ピンクの小皿を使ったり、小皿の下にピンクの紙を敷くと効果がアップ。

↑page top

家庭

家族の結びつきを深めたい
リビングや茶の間などの家族が集まる場所に。また、体に付いたマイナスエネルギーと家族間の厄を洗い流してくれるお風呂の盛り塩は、愛情を強めてくれます。
家族間のすれ違いや対立を収めたい
部屋と部屋の間を通る廊下や階段などの、家の中を分断するような場所に。また、洗面所の盛り塩は水場のマイナスエネルギーを浄化し、家族間のダメージを和らげます。
家族の健康運を高めたい
家族が食べる食事を作るキッチンに盛り塩をして、家族の健康運アップ。
子供を授かりたい
寝室は愛を育てる場所。子宝には、寝室の北側に盛り塩を。種が多いことから子孫繁栄のシンボルとされる、ざくろの絵やインテリアを一緒に置くと効果アップ。

↑page top

人間関係

ご近所さんとのトラブルの解消
トラブルのあったお宅と自宅との間、自宅の敷地内に盛り塩を。玄関にもあると効果アップ。それぞれ1皿づつ、受け皿はなくても大丈夫です。

↑page top

勉強・仕事

学習能力や落ち着きを高める、試験合格、能力を伸ばす
勉強机の上又はその周りに。机の上でも、机の下の床でも構いません。キレやすいお子さんも、お部屋の気のバランスを整えることで、有り余るパワーを良い方向へと向けられるようになります。
仕事を成功させたい
部屋の東・南西・北西に盛り塩を。デスク周辺に盛り塩をしたり、企画書に盛り塩して厄落としをするのも○。
躍進したい
フリーランスであれば書斎やワークスペース、会社であればデスクや社長室に。机の場合は机の下の床に、部屋の場合は入口付近に対にして設置。
集客力をアップしたい
店舗や事務所の入口両端に盛塩をする事で、仕事の依頼や集客数が増加します。メインエントランスに1皿づつ対にして設置。
慣例としてはエントランスの外ですが、内側でも構いません。
売上をアップさせたい
経理室や経理担当のデスク、金庫など、金銭が集まる場所に盛り塩を。デスクの下の床や金庫の横などに設置。
経費を減少させたい
社内のトイレに。トイレ内ならどこにおいても○。
嫌な上司や同僚がいる
自分の作業するデスクの、嫌な上司や同僚のいる方向に。
デスクの上でも下でも構いません。

↑page top

金運

浪費が多い時は
トイレに盛塩を1皿。どこに置いてもOK。
金銭的生活苦の時は
水回りのマイナスエネルギーが作用しているかも。流し台や洗面台などの水回りに盛り塩を1皿ずつ設置。

↑page top

健康

病気がちの場合
患者さんが使用している布団やベッドの周りに1皿盛り塩を設置。病が重い場合には2皿以上。
体調をくずしているとき
トイレに盛り塩を。健康面に関わるトイレの気を浄化します。

↑page top

厄除け

家を厄災から守りたい
よく見かける玄関の盛り塩。お家の玄関は、運気の出入り口です。玄関に1対の盛り塩を置くことで、邪気が家に入るのを防ぎ、良い運を招き入れます。置くのは玄関の外でも中でもOK。
人目につくのが気になるときは、シューズボックスなどの中に。。

↑page top